わきがの基礎知識、原因、対策、わきがを治す商品など紹介

わきが対策.COM|わきがの原因を除去して悩み解決!

多汗症

多汗症の原因は?

投稿日:

多汗症の原因は?

 

 

多くの人が悩んでいる多汗症。特に暑がりだというわけでもないのに、滝のような汗が止まらない……。それが気になって人と接するのが怖くなってしまう人もいます。

そんな原因とは何があるのでしょうか?

その様々な原因を調べてみました。

 

 

  • 汗の出る仕組みとは?

人間が汗を出す場所は2種類あります。

・エクリン汗腺

・アポクリン汗腺

この2つのうち、多汗症に関係しているのはエクリン汗腺の方になります。

 

エクリン汗腺は身体が熱いと感じた時、体温を下げるために汗を出します。この時の汗は99%が水なので、サラサラしていてニオイが無いのが特徴です。

このエクリン汗腺は全身に存在していて、とくに手や足、額や脇に集中しています。

 

エクリン腺が発汗する仕組みは、自律神経が関わっています。この自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があります。この内交感神経が、エクリン汗腺を制御しています。

体温上昇や、緊張などのストレス、香辛料などの味覚刺激があるとこの交感神経が刺激され、発汗が促されます。

 

多汗症の原因は、この交感神経からの刺激がエクリン汗腺に過剰に伝わっている為だとされます。その為、多汗症の治療は、エクリン汗腺の刺激の伝達を鈍くしたり、遮断する方法が取られます。

 

アポクリン汗腺から出る汗はベタベタしてニオイがあるのが特徴です。

これは昔、フェロモンとして他の動物にアピールするためのニオイを出すための汗とされています。

このアポクリン汗腺は、ワキや耳、おへそ周り、外陰部などに集中しています。

 

このアポクリン汗腺の発汗には、興奮物質である「アドレナリン」が関係していると言われています。喜びや怒り、悲しみなど激しい感情の起伏があると、このアドレナリンが分泌され、アポクリン汗腺からの発汗が促されます。

 

このアポクリン汗腺からの汗がなぜ臭うのかというと、この汗にはタンパク質や脂質などの成分が含まれています。それをひふの常在菌が食べ、分解することによって臭いが出てきてしまうのです。

 

多汗症とは直接関係はありませんが、多汗症の方はこのアポクリン汗腺のからでる汗が原因のわきがに悩まされている方もいます。自分がどちらの汗が原因で悩んでいるか知ることも、治療の第一歩と言えます。

 

  • 多汗症の原因には2種類

多汗症の原因は2つに分類されます。

それは原因となる病気がある「続発性多汗症」と原因となる病気のない「原発性多汗症」です。

原因となる病気のある続発性多汗症は、原因となる病気を治すことで多汗症は治ります。ですが、原発性多汗症は治す病気がないので、汗を抑える為の治療が必要になります。

 

では以下で「続発性多汗症」と「原発性多汗症」の原因をご紹介します。

 

3、続発性多汗症の原因その1 自律神経失調症

多汗症には原因となる病気が存在する場合もあります。その内の1つが自律神経失調症です。この病気の症状の1つに、多汗症が挙げられています。

この病気は他に、不眠・めまい・動機・偏頭痛・便秘・慢性的な疲労といった症状が伴います。

顔にだけ、手足にだけ、と局所的に汗をかくのが特徴とされます。

 

 

4、続発性多汗症の原因その2 バセドウ病

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが大量に分泌され、全身の代謝が異常に高まってしむという病気です。このバセドウ病の症状のひとつに、多量の発汗があげられます。

 

バセドウ病になると食欲の増進、食事の量は増えたのに体重は減少する、暑くてしかたがない、などの症状が表れます。

またわけもなくイライラしたり、排便の回数が増えたりします。また動悸や手の震えが出る場合もあります。

外見上にも変化が表れ、目が飛び出ているように見えたり、首が腫れていたらバセドウ病の疑いがあります。

 

 

5、続発性多汗症の原因その3 糖尿病

異常なほど喉が渇く、体重の現象、トイレの回数が増えるなどの症状が表れたら糖尿病の可能性があります。

この時多量の発汗が伴うことがあります。このような症状と共に表れたら、一度糖尿病の検査を受けてみることをおすすめします。

 

 

6、続発性多汗症の原因その4 急性リウマチ

急性リウマチは、手や足、関節などが痛む病気です。細菌感染が原因で発症し、多量の発汗を伴います。

これらの痛みと、高熱が出た場合は急性リウマチの可能性があります。

また発熱する疾患なら、いずれも多量の汗をかく原因となります。

 

7、続発性多汗症の原因その5 脳や神経系のダメージ

脳梗塞や事故により、脳や神経系がダメージを受けると、エクリン汗腺を司る交感神経がダメージを受けてしますことがあります。すると全身で多汗の症状がでることがあります。

また耳の下にある「耳下腺」という神経の周辺がダメージを受けると、「Frey(フライ)症候群」という病気になってしまうことがあります。この病気になると、食事の際に耳の前の部分が赤くなったり、汗をかいたり、耳のまわりに多汗の症状がでることがあります。

 

以上の続発性多汗症の症状に当てはまらない場合、「原発性多汗症」の可能性があります。

原因となる病気のない原発性多汗症ですが、いくつかの原因が考えられますので、下記にご紹介いたします。

 

 

  • 原発性多汗症の原因その1 ストレスなどの精神的要因

多汗症の方は精神的な問題を抱えていることがあります。元々あがり症の方だったり、交感神経の方が優位な方は多汗症になりやすいと言われています。

 

またこれは滴り落ちるほどの汗を他人に見られることや、手や足が常に湿っていることを指摘されたりして、他人との接触をおそれるようになります。それが、不安や恐怖となりますます発汗が止まらないという悪循環に陥っている方も少なくありません。

 

 

  • 原発性多汗症の原因その2 食生活の乱れ

人は熱いものや辛いものを食べると汗がでます。これは正常な反応なのですが、過剰になると味覚性の多汗症になると言われています。

またタバコのニコチンや、コーヒーに含まれるカフェインは交感神経を刺激しますので、汗が出やすくなります。

また肥満になると、身体の中の熱をうまく体外に発散できなくなります。その為、多量の汗をかいて体温を調節しようとする機能が働いてしまうのです。

 

10、原発性多汗症の原因その3 ホルモンバランスの乱れ

ホルモンの生成は、脳の視床下部というところでコントロールされています。この部分と、発汗を司る交感神経は、脳の同じ場所にあります。なので、ホルモンバランスが乱れると同時に、交感神経のバランスもみだれ、多汗症になりやすいと言われます。

特に女性は、月経や妊娠、出産などがあり、このホルモンの影響を受けやすいと言われています。

 

 

11、原発性多汗症の原因その4 更年期障害

ホルモンバランスの乱れに関係しているのが、更年期障害です。

この更年期障害の1つに「ホットフラッシュ」という症状があります。これは閉経後の40~80%の女性に見られる症状です。この症状は、周りが特に暑くなくても、ダラダラと汗をかいてしまいのぼせるような症状がでてきます。

 

 

12、原発性多汗症の原因その4 遺伝

多汗症の直接的な原因とは言えませんが、緊張しやすい性格、神経質な性格などが遺伝したために、多汗症の原因となることもありえます。

 

 

 

12、多汗症のセルフチェック

以上が原発性多汗症で考えられる原因となります。

もっとはっきりさせたい! という方の為にセルフチェックする方法もあります。

 

  • 家族や親戚に多汗症の人がいる
  • 1週間に1回以上は異常だと思われる量の汗をかく
  • 両手、両脇、両足など左右で同じ程度の量の汗をかく。
  • 日常生活に支障があるくらいの多量の汗が出る。
  • 睡眠中はその部分に汗をかかない
  • 最初に症状が出たのが25歳以下である。

 

以上の内、2つ以上あてはまれば、原発性多汗症の可能性があります。

また「日常生活に支障がある程度」というのは、以下のような状態だとされています。

 

  • 汗を拭くためのハンカチやタオルなどがいつも手放せない
  • 汗でノートやプリント、書類などの紙がふやけたり、破けたりして勉学や仕事がうまくいかない
  • 汗がいつも気になって人間関係がうまくいかない
  • 汗ジミが気になって着たいと思う服が着られない

 

また

こういった症状が続き、日常生活が困難だと感じているなら、一度病院で相談されることをおすすめします。

 

13、患者さんの多い原発性多汗症は?

多汗症の症状の内、患者数が多いのはワキ・手足・頭部・顔面多汗症です。下記でそれぞれの多汗症についてご紹介します。

 

【腋窩多汗症(えきかたかんしょう】

ワキの下から多く汗をかく症状です。

ワキ汗は専用のパットもあるくらいメジャーな悩みです。しかし、多汗症になるともっと深刻です。洋服の汗ジミが常に気になり、着る服が限られてしまいます。ひどい方は服がビショビショになってしまうくらい重い症状が出る方もいて、外出が困難になる場合もあります。

思春期~青年期に発症される方が多いとされます。

 

 

【手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)】

手のひらに多く汗をかく症状です。

幼少期から思春期に発症することが多いといわれています。

ひどい症状の方は、滴る汗でノートやプリントや書類が破れてしまい、勉学や仕事に支障をきたす場合があります。

また友人にも汗のことを指摘され、傷つく方が多いです。

この手掌多汗症は精神的なストレスや緊張がキッカケのことが多いため、こういったストレスで更に発汗がひどくなってしまう場合もあるようです。

 

患者数の多いこの手掌多汗症は軽度と重度に分けられる基準があります。

「軽度の手掌多汗症」

健康な人と同じように手が乾いていることもあります。

しかし精神的に緊張すると、急に多量の汗を手のひらにかいてしまいます。そして手が滑り、ものがうまく持てなくなったりします。

発汗の量はそこまで多量ではなく、汗が滴りおちる程ではない場合が多いです。

 

「重度の手掌多汗症」

いつも手が湿っている状態です。その為いつも指先が冷たい状態です。

また手のひらから汗が滴りおちるほど、多量に発汗してしまいます。

重度の症状の方は、汗でパソコンなどの機械を壊してしまうこともあり、常にハンカチやタオルが手放せない状態となります。

 

 

【足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)】

足の裏に多く汗をかく症状です。

足の裏はただでさえ蒸れやすいところですので、ニオイやかゆみが発生したりします。また雑菌が繁殖し、水虫になってしまう方もいます。常に足の裏のことが気になってしまい、仕事や勉学に身が入らなくなることも多いようです。

手掌多汗症と同時に発症する場合が多いとされています。

 

 

【頭部多汗症(とうぶたかんしょう)】

頭部に多く汗をかく症状です。

青年期に発症し、男性に多いと言われています。

この頭部多汗症になると髪全体が濡れたように見えてしまいます。そして汗がポタポタと落ちてくるほど目立つこともあります。その為、症状がひどくなると、人目が気になってしまうことが多く、外出が困難になる人もいます。

 

 

【顔面多汗症(がんめんたかんしょう)】

顔面から多く汗をかく症状です。

こちらも青年期の男性に多い症状といわれています。

顔面から汗が滴り落ちるように流れるため、とても目立ちます。その為、頭部多汗症と同じく人目が特に気になり、人間関係を築くことが困難です。

 

 

以上が患者数が多いと言われている多汗症の症状です。いずれも様々な原因が考えられ、自分に合った治療をすることが大切です。

 

14、多汗症の原因まとめ

以上のように多汗症の原因には様々なものがあることがわかりました。

原因がはっきりしている病気ですと、その病気を治せば多汗症は治ります。ですが原発性多汗症は原因がはっきりしないことも多く、発汗に対しての対処療法しかできない場合があります。

その場合には治療に時間がかかる場合があるので、足踏みをしているかたも多くいらっしゃいます。

 

実は日本人の7人に1人は多汗症で悩んでいると言われます。その中で汗がポタポタと滴り落ちるほどの重症の方は、80万人もいるとされます。ですが、病院を受診されている方はたったの6%ほどと言われています。

これは多汗症のことを単なる汗かきだと思い、病気だと思っていないからです。

ですが、日常に支障をきたすほどの多汗症は明らかに異常です。汗が気なって引きこもりやうつ病を発病される方もいらっしゃる程です。

決して恥ずかしい病気ではないので、1人でも多くの方が病院で相談をすることをオススメします。

おすすめ記事

-多汗症

Copyright© わきが対策.COM|わきがの原因を除去して悩み解決! , 2017 AllRights Reserved.