ワキガ

切らないわきが治療とは?種類、価格は?

自分の体臭が気になった経験はありませんか?もしかして自分はワキガなのかも…と思っている人は意外に多いものです。でも実際に治療を受けるとなるとちょっと大変そうですよね。ワキガの治療法にもたくさんの種類がありますし、最近では手術を行わないで治療をする方法もあります。切らないワキガ治療とはどんなものなのでしょうか?

 

ワキガ治療にはどんな方法があるの?

自分の体臭は自分で感じることが難しいため、「もしかして自分の体臭は強いのではないか」と悩む人がたくさんいます。気が付きにくいからこそ自己診断でワキガだと思いこんでしまう人もいるほどです。

自分で勝手にワキガだと思いこんで、自己流のケア方法などを行っていても症状が改善するとは限りません。やはり、医療機関でしっかりとワキガかどうかを確認してもらうことが大切です。

実際に治療を行うときには、ワキガの治療を行っている皮膚科、美容外科、美容皮膚科、美容整形などの医療機関で診断を受けることが最初の一歩です。

では、ワキガだと診断された後は、どんな治療を行うのでしょうか?

ワキガは軽度、中度、重度とニオイの強さによって分けられています。この程度によって適切な治療方法は異なってきます。軽度の人が重度のワキガ治療をしても、重度の人が軽度の治療をしても、充分な効果が得られないどころか、さらにニオイが強くなってしまうこともあるのです。受診した医療機関で自分の症状がどのぐらいのレベルのものなのかをきちんと確認し、適切な治療方法を相談するようにしましょう。

ワキガはアポクリン腺から出る汗が皮脂などと混ざり、皮膚や脇毛の常在菌に分解されることで強いニオイが発生してしまうことが原因です。つまり汗をかかなければ強いニオイが出ないということでもあります。

そこで手軽に行えるケアでは、ドラッグストアなどで販売している制汗剤を使う方法があります。種類もたくさんあり、スプレータイプ、クリームタイプ、ロールオンタイプ、シートタイプなど、それぞれの使いやすさに合わせて選ぶことができます。ワキガではない人も汗臭さを防ぐために使っています。エチケットとして使っていることが多いので、取り入れやすいですよね。

他にも常在菌を殺菌して匂いを防ぐために、汗をかいたら、消毒用アルコールで脇を拭くという方法もあります。こちらは汗を防ぐのではなく、汗を分解する常在菌を除菌してニオイを防ぎます。しかし消毒用のアルコールは、肌を守ってくれている常在菌も殺菌してしまうことになりますし、アルコールは肌に必要な油分まで除去してしまう可能性があります。肌荒れ等が起きる可能性もあるので肌の状態をきちんと確認しながら行うようにしてください。

医療機関で行ってもらう治療には、ボトックス注射や、アポクリン腺を切除・吸引する手術、マイクロ波を使ってアポクリン腺を破壊するミラドライ等があります。

また、医療機関でも塗り薬や飲み薬などで症状を抑えるという方法もあるので、病院で自分に合った治療法を相談してみましょう。

 

切らないワキガ治療が注目されている!

ワキガを治療したいと思っていても、実際に肌にメスを入れる手術はちょっと怖いという人もたくさんいるでしょう。では切らないワキガ治療にはどんなものがあるのでしょうか?

前の項で説明した中で切らないワキガ治療となるのが、制汗剤を使うもの、除菌するもの、ボトックス注射、ミラドライ、塗り薬、飲み薬等があります。

制汗剤や除菌するようなものは、ドラッグストアなどにも豊富に揃っています。自分の症状などに合わせて選んでみてくださいね!しかし、制汗剤や除菌を使う場合、手軽ではありますが、効果が短いことと根本治療ではないことも頭に入れておくと良いでしょう。

医療機関で受ける治療の中にも切らないでワキガ治療ができるものがあります。例えばボトックス注射も切らない治療です。しわ取りなど美容目的の治療として有名でもあるボトックス注射ですが、脇の下にボトックス注射をすることで汗を抑えることができるのです。

ただし、ボトックス注射も根本治療ではありません。3ヶ月から6ヶ月ぐらい効果が持続するので、毎日制汗剤を使うほど手間は掛かりませんが、効果が切れる頃にはまた注射を行わなければなりません。また、ボトックス注射は保険適用ではなく、自由診療で医療機関などによっても価格が違います。安全に施術をしてくれる信頼できる医療機関を見つけて、治療を受けてみてください。

 

さらに切らないワキガ治療として最近人気が出ているのがミラドライです。このミラドライは電子レンジでも使われているマイクロ波を利用した治療方法で、マイクロ波の熱を集中的に当てることで脇の下の汗腺を破壊する方法です。こちらはミラドライ用の専用機器が必要で、導入している病院で施術を受けることができます。残念ながら保険適用はされず、保険適用の治療に比べると料金が掛かります。大体1度の施術で充分な効果が得られると言われていますが、2回目以降の治療を望む人もいるようです。2回目以降も治療を望む可能性があると感じるのであれば割引プランを用意している所もあるので、自分に合わせて選んでみてください。

塗り薬には「塩化アルミニウム液」が使われることが多いようです。基本的には制汗作用がメインとなる薬なのですが、人によっては肌に合わない事があるようですので、肌に異変を感じたときには医師と相談をしてください。

飲み薬としては「臭化プロバンテリン(プロバンサイン)」が使われることが多いようです。こちらも汗を抑える働きがある薬です。しかし、目や口の渇きや尿の出が悪くなるなどの副作用があるので、継続的な使用というのはリスクがあると言われています。塗り薬同様、使用に関しては医師の指示に従うようにしてくださいね。

 

切らないワキガ治療が人気の理由とは?

 

保険適用でワキガの根本治療ができる方法があるのを知っていますか?脇を切開して目で確認しながらアポクリン腺を切除する剪除法という方法です。料金も抑えられますし、確実な治療法でもありますので、こちらの治療でも良いと判断する人もいますが、「体に傷口が残るのはイヤだ」「手術は怖い」「傷口ができるということは合併症の危険もあるのでは…」など剪除法のメリットとデメリットを比較して、できれば切らないワキガ治療を望む人が増えているのです。

剪除法は脇の下を切開するという話をしましたが、約4センチから5センチぐらい切開を数本入れることが多いようです。アポクリン線を切除した後に、脇を縫い合わせるのですが、その縫い合わせる医師の技術によって傷跡が目立たないか、目立つかが変わってくるとも言われています。

実際に切らないワキガ治療であるミラドライは、傷口ができないので、合併症のリスクが低くなりますし、日常生活への復帰も手術よりも早くなります。働いている人であれば、会社を長く休むのも難しい場合も多いでしょう。そんなときにも切らないワキガ治療という選択肢があるのは嬉しいですよね。

個人差はありますが、ミラドライも施術後に数日~数週間脇の下が腫れたり、痛みがあるという人もいます。どんな施術にもメリットとデメリットがあります。それをきちんと比較し、検討して、自分が納得できる治療法を選ぶことが大切です。

 

 

切らないワキガ治療のメリットとデメリット

切らないワキガ治療にももちろんメリットとデメリットがあります。早速それぞれの治療法のメリットとデメリットを確認していきましょう。制汗剤や除菌でのケアのメリットは何と言っても手軽であること。ドラッグストアやコンビニでもケア用品が販売しているので、簡単に手に入れることができます。

デメリットは根本治療ではないので、悩んでいる間はずっとケアを毎日し続けなければならないということです。最近は、ワキガでない人も、汗臭くならないように一般的なエチケットとして制汗剤を使っている人が多くいますので、それほど大変だとは感じないかもしれませんね。

次にボトックス注射はどうでしょうか?メリットは一度の注射で3ヶ月から6ヶ月の継続的な汗を止める効果があるということでしょう。毎日制汗剤などを使わなくても良くなるので、制汗剤に比べると楽だと感じる人も多いようです。

一方デメリットとしては、こちらも根本治療ではないこと。そして、効果が切れる頃には定期的に注射をしなくてはならないこと。自由診療の場合が多いので、制汗剤に比べると費用が掛かるということが挙げられます。

ミラドライのメリットは、汗腺を破壊してくれるので、施術を行えば、それ以降ワキガの心配をしなくて済むというのが最大のメリットでしょう。傷口もできませんし、日常生活への復帰も早いので、人気を集めています。デメリットとしては、専用の機器がある医療機関でしか施術をしてもらえないこと。そして汗腺が発達途中の若い人だと再発する可能性があると言われています。また、自由診療なので高い料金が掛かってしまうことも知っておきましょう。

飲み薬や塗り薬のメリットは、保険適用の薬がもらえることと医療機関で処方してもらうので、相談しながら自分に合った薬が使えることではないでしょうか。また、飲み薬、塗り薬共に手軽に使えるというのも嬉しいですね。

しかし、デメリットももちろんあります。飲み薬、塗り薬は根本治療ではなく、処方される薬には副作用があります。継続的な使用は避けたほうが良いと言われています。必ず、医師と相談をして、適切に使うようにしてくださいね。

 

ワキガ治療の料金は?

 

保険適用と保険適用外でワキガの治療の料金は大きく変わります。

 

まずは保険適用のワキガ治療の料金を調べてみましょう。

剪除法は保険適用であるという話をしましたが、保険診療ができる病院で施術を受ける必要があります。自分が受診する病院で保険が使えるかどうか、剪除法を自由診療ではなく、保険適用で施術してもらえるかを確認するのを忘れずに!

剪除法は保険診療の場合、両脇で平均4万円~7万円ぐらいの料金がかかります。剪除法を自由診療で受けると、両脇で平均20万円~40万円ぐらい掛かると言われていますので、保険適用されている医療機関で受診するようにしてくださいね。

次に塗り薬はどうでしょうか?病院で処方された保険適用される薬もあります。他にも薬局などで購入できる塗り薬もあります。代表的な「塩化アルミニウム液」は取り扱っている薬局などもあり、内容量にもよりますが、1000円~3000円ぐらいで手に入れることができますよ。

次に飲み薬は、保険適用の臭化プロバリテリンなどが使われることも多いようです。しかし、この飲み薬には副作用があります。制汗作用はあるのですが、口や鼻の乾燥、尿の出が悪くなると言った副作用が表れることがあります。また、発汗させる伝達物質の働きを抑える薬なので、継続的な使用は勧められていません。また、処方箋が必要な薬なので、医療機関と相談しながら使うようにしてください。

 

まとめ

ワキガで悩んでいる人の多くが、治療をしたいと思っているはずです。しかし、ワキガを治療するというのも恥ずかしいと感じる人も多いようです。ニオイの問題はデリケートですから、治療をしている、または治療していたと知られるのもツラく感じる人もいるのです。

ワキガであることで悩みすぎて精神的に落ち込んでしまう人がいるぐらいです。ワキガであることを悩みすぎていると、汗をかくと臭うのではないかと悩み、焦りさらに汗が出てしまうという悪循環に陥ってしまうのです。もちろん、ワキガを治療することも大切ですが、精神的にツライと感じるようであれば、心療内科を受診することも視野に入れると良いでしょう。

その中で手術などの切る治療法では、傷口が見えたりすることで治療の痕跡が見えてしまうことを気にする人もいます。だからこそ切らない治療法というのが注目され、人気を集めています。

もちろん切らない治療法にもメリット、デメリットがあることを説明しましたが、自分のワキガの状態を確認し、どんな治療法がベストなのかを医師と相談をしながら決めていくことが大切です。

まずは、ワキガだと悩んでいるのであれば、ワキガの治療を行っている医療機関で診断、相談をしてみてください。